メニュー

元気なお寺づくり講座が始まりました!

ニュース
2018年03月09日(金)

新しい大谷会館(久留米教務所)が完成し、最初の教化事業として、「元気なお寺づくり講座」の第一回講座が2月27日に開催されました。

 

お寺の方と門徒さんが2人か3人単位で参加し、12ケ寺32名が参加しています。

 

 

 

全5回の講座では、それぞれのお寺が抱えている環境や強みを最大限に活かしながら、それぞれのお寺の事業計画を作ります。

 

講座の最初と最後には、全員が一言ずつ心境を語ります。

 

「過疎で人がいない」

 

「寺の将来が心配」

 

「なんとか元気なお寺をつくりたい」

 

さまざまな思いが語られます。

 

 

講師の中西無量さん(寺院活性化支援員・日豊教区駐在教導)からは、全5回の講座の概略や、計画を作成する根拠となる「外部環境分析」「お寺の使命」について詳しく講義があり、その後、班別で「外部環境分析」のワークショップを行いました。

 

付箋を貼りつけながら、お寺を取り巻く様々な外部環境を抽出していくワークショップの様子です。

 

「危機と思っていたものが、実はチャンスになるかもしれない」

 

「機会はすでにある。そのことに気付かされた」

 

「若い人の意見に、新たな発見があった」

 

 

それぞれが、小さなヒントを得られていたようです。

最後に班別に発表しました。

 

 

6月までに5回の講座を開催します。

 

本山の「浄土真宗ドットインフォ」でも取り上げていただいています。

(駐)

 

PageTop