ニュース

2020.04.09

【重要】新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う久留米教務所の対応について

このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う「緊急事態宣言」の発出を受け、

真宗大谷派は更なる感染防止を図りつつ、宗務執行の継続性を確保することを目的に、職員の勤務について臨時措置を定めました。

つきましては、当教務所での会議、教化事業及び事務取り扱いについて下記の通り対応することといたしましたので、お知らせいたします。

教区内の皆様には大変ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、本対応につきましては、本日(4月9日)教区内の全寺院へご案内いたしておりますので、改めてご確認くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

 

 

1 臨時措置による久留米教務所の勤務形態について
(1)期  間 宗派臨時措置の内達の日(4月8日)から取扱いの解除を命ずる内達が発せられるまで
(2)勤務形態 来客及び職員の感染拡大防止のため、執務時間を1時間短縮して午前9時30分から午後5時までとし、数名ずつ交代で自宅待機(テレワーク)とする。
※感染状況により勤務形態を変更する場合があります。

 

2 会議及び教化事業について
教区の会議について、開催が必要不可欠な会議は予防対策を施したうえで開催し、会議によっては担当の長と相談のうえ、参加対象者の限定(参加者縮小)や延期または中止といたします。
教区の教化事業について、担当の長(幹事・部会長など)と相談のうえ、開催形態の変更(縮小など)や延期または中止といたします。
なお、大谷会館の使用(貸部屋)につきましても、基本的に休止といたします。

 

3 期間中の久留米教務所の事務取り扱いについて
(1)御依頼金の収納について
御依頼金のご納金は、可能な限り銀行振り込みでお願いいたします。
なお、やむを得ず教務所にご持参いただく場合は、当日担当者が不在であることもありますので、前日までに教務所へご連絡ください。
 
(2)願事・法人事務について
願事または法人に関する申請をされる場合は、事前に教務所へご連絡いただき、可能であればファックスやメールなどで書面を確認したうえで、書面は郵送いただき、願事礼金は銀行振り込みでお願いいたします。
※願事の申請書は、東本願寺ホームページからプリントアウトしてください。
(「真宗大谷派寺院・教会専用サイト」と検索ください)
 
(3)授与物(御本尊など)について
授与物を希望される場合は、教務所へご連絡いただき、基本的に宅配で送付させていただきたくお願いいたします。
 
(4)真宗本廟収骨・院号法名について
真宗本廟収骨または院号法名交付を申請される場合は、申請書を郵送、ファックスまたはメールで送付くださいますようお願いいたします。
※急な対応はいたしかねますので、ご承知おきください。
 
【お願い】
上記⑵~⑷の申請などのため、やむを得ず教務所に来所されます場合は、当日担当者が不在であることもありますので、事前に教務所へご連絡ください。


4 選出教区会議員選挙について

(5)上記以外の対応について
お手数ではございますが、教務所へご連絡くださいますようお願いいたします。

現在のところ、予定どおり実施いたします。
なお、立候補者が定数を超え投票となった場合は、可能な限り予防対策を施したうえで実施いたします。

< 一覧へ戻る