メニュー

定例聞法会のご案内

行事
2017年07月04日(火)

大谷会館「定例聞法会」は、福岡県や佐賀県の若手僧侶による法話をいただき、参加者同士で語り合う場として、年間10回開催されています。

 

このたび、下記のとおり年間予定表が完成しましたので、お知らせします!

 

参加費300円。お申し込みは不要です。

 

お問い合わせは、久留米教務所(電話0942-32-3056)へ。

 

 

定例聞法会とは~語る者を育てる場~

法話を担当するのは2名。九州教学研究所久留米分室のスタッフ(分室長・主任研究員・主事)と研究員が話します。久留米分室は真宗教学を研鑽し共に教えを学ぶ場で、現在は20代から40代の比較的若手の僧侶が研究員となっています。中には「30分を超える法話は初めて」という経験の少ない研究員もいますが、語り始める第一歩を踏み出す場、失敗できる場として、語る者を育ててきた聞法会という側面もあります。

 

長年、聞法会に足を運んでいる方からは「初々しいお坊さんに遇える」「いろんな方が育っているという印象を受けます」「毎月お話が聞けるありがたい場」と好評で、最近、聴聞を始める方は増えています。

 

法話の後は座談会を開いており、話を受けての感想や気づき、参加者の方が抱えている課題や悩みなども語り合われます。

 

 

 

 

 

PageTop