おしらせ おしらせ

INFO

行事

「戦争による全ての悲しみに思いを馳せ、心に刻む法要」のご案内

久留米教区は、2007年度(2008年6月20日開催)以来12年ぶりに「戦争による全ての悲しみに思いを馳せ心に刻む法要」を厳修いたします。 教区改編を2020年7月に控え、久留米教区として最後にこの法要を勤めてきた意義を確かめ、次世代に課題をつないでいこうとの趣旨で開催するものです。 つきましては、下記のとおり「戦争による全ての悲しみに思いを馳せ、心に刻む法要」を厳修いたしますので、有縁の方々お誘いあわせのうえ、多数ご参詣くださいますようご案内申し上げます。 開催趣旨文  私たちの久留米教区では、1995年6月に宗派より出された不戦決議を

詳しく読む

INFO

行事

尾角光美さん講師に 八女市で講演会

2019年12月19日(木)18時30分~20時30分まで、グリーフケアに取り組まれている一般社団法人リヴオンの尾角光美さんを講師に、八女市本町602-1のおりなす八女で講演会が開催されます。 主催は「八女しんらん教室」。八女市、筑後市、広川町の真宗大谷派寺院等の後援です。 「グリーフケア」とは、大切な人を亡くすなどの喪失や悲しみを抱えた人への支援・寄り添いのことです。 人やものを失うことによって、人はさまざまな心理的、身体的な影響が生じます。 尾角さんは、自分自身が支えられてきた経験を大切にしながら、グリーフケアが当たり前にある社会を目指して活動されています。

詳しく読む

INFO

行事

「米軍基地問題の現状」テーマに社会講座を開催します 10月25日

2019年10月25日18時から20時まで、大谷会館(久留米教務所、久留米市西町540-1)で「社会講座」を開催します。 沖縄で米軍基地問題を取材されている塚﨑昇平さん(琉球新報記者)を講師に、「米軍基地問題の現状」をテーマにお話を頂きます。 塚﨑さんは、大分県出身の琉球新報記者。辺野古取材班の一員として米軍基地問題の現状にも向き合われていますが、かつては、中国や韓国、沖縄への批判をネットでつぶやいていた「ネット右翼」だったといいます。塚﨑さんの記事「ネット右翼でした」 沖縄県の民意に反して、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設が

詳しく読む

INFO

行事

9月30日、10月1日  瓜生崇氏を講師に、「法話講習会」を開催します

久留米教区では2019年9月30日と10月1日、「法話講習会」を開催します。 テーマは「話すことは聞くことである」。詳しくは、下記をご覧ください。 僧侶や坊守の方々のご参加をお待ちしております。 主な内容 日 時 1日目:2019年9月30日(月)13時30分から19時00分まで 2日目:2019年10月1日(火)13時00分から18時30分まで 会 場 久留米教務所 講 師 瓜生 崇 氏(京都教区玄照寺住職) 対 象 有僧籍者・寺に身を置く者 服 装 平

詳しく読む

INFO

行事

聖典講座の日程

毎回、多くの方に足を運んで頂いている聖典講座(全12回)も、残すところ5回となりました。 毎回丁寧に講義をされますので、途中からの参加でも十分に学べます。 ご聴聞をお待ちしております。

詳しく読む

INFO

行事

ボランティア研修会のお知らせ。

熊本地震から3年が経ち、復興への歩みが進められている中、昨年も日本各地で地震や大雨、大雪など、様々な災害が発生し、それぞれの被災地ではボランティアやNPOによる救援・支援活動が今も継続して行われております。 久留米教区では、今後九州などで起こりうる災害に備え、ボランティア活動の啓発と災害意識の向上を目的としてボランティア研修会を開催することとなりました。 第1回目となります今回は、阪神・淡路大震災を経験し、ボランティア活動の経験が豊富であり、真宗大谷派ボランティア委員会発足当初より関わりのある五百井正浩氏をお招きし、改めてボランティアの意義や、災害が起こった時にどの

詳しく読む

INFO

行事

6月6日に「リレー法話会」 福岡市・萬福寺で開催します

「リレー法話会」は、6月6日(木)15時~17時30分まで、福岡市中央区鳥飼の萬福寺で開催します。 申込不要、参加無料です。どなたにも開かれた法話会です。 法話会のテーマは、「現代社会のただ中で、いかに教えを伝えるか」。プロジェクター法話や節談説教と、新旧の手法を通した法話が聴聞できます。 講師は、奥村優氏(唐津組高德寺)/大城史雄氏(三潴第三組則善寺)/三島清圓氏(高山教区西念寺)の3名です。 お寺の駐車場には限りがございます。公共交通機関や周辺のコインパーキングをご利用ください。ご来場をお待ちしております。

詳しく読む

INFO

行事

子どもの貧困に、わたしたちは何ができるか? 6月2日に社会講座

「おてらおやつクラブ」をご存じでしょうか。 「おてらおやつクラブ」は、全国のお寺と支援団体、そして檀信徒および地域住民が協力し、慈悲の実践活動を通じて貧困問題の解決を目指す活動です。 お寺にお供えされるさまざまな「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、子どもをサポートする支援団体の協力の下、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動です。活動趣旨に賛同する全国のお寺と、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品をお届けしています。 6月2日、おてら

詳しく読む

INFO

行事

尾角光美氏(一般社団法人リヴオン)招き若坊守研修会 6月3日

6月3日午後2時から、久留米教務所を会場に若坊守研修会を開催します。 今回は、一般社団法人『リヴオン』代表理事の尾角光美(おかくてるみ)さんをお迎えし、「グリーフケア~なくしたものとつながる生き方~」をテーマにお話しいただきます。 悲しくつらい経験をしたご遺族の方とどのように向き合い、寄り添っていくことができるのか。お話を通して皆さんと考えていけたらと思います。 主な対象は久留米教区内の若坊守ですが、どなたでもご参加可能です。詳しくは下記をご参照ください。 内容 日 時 201

詳しく読む

INFO

行事

教区声明講習会開催のご案内【5月23日】

このたび教区声明講習会を下記の通り開催いたしますので、ご参加くださるようご案内いたします。 日 時 2019年5月23日(木)14時~20時 会 場 久留米教務所(大谷会館) 内 容 葬儀・中陰について ※「枕勤め・通夜・葬儀・中陰勤行の流れ」、「法衣(七条袈裟の依用方法」 講 師 熊谷 祐宏氏(本廟部堂衆) 受講料 2,000円 携行品 ①『真宗大谷派声明集』(東本願寺出版) ②『真宗の儀式-声明作法』 ③『寺院における葬儀・中陰の手引き(久留米教区発行)』 ④ 『七条

詳しく読む