おしらせ おしらせ

INFO

「学問にいのちが通っているのか」 延塚教授招き公開講座

去る10月24日夕、九州教学研究所久留米分室の公開講座が九州大谷短期大学で開催されました。70人近くが参加され、「近代教学以降の視点から、『教行信証』の思想について学ぶ」として、延塚知道・大谷大学特任教授が、約一時間半、熱の入った講義をされました。 私のメモで要旨を振り返ると、(不完全ですが・・・) ・苦しみ悩んでいる人をいかに救うか。それが親鸞の学問体系である。学問に、いのちが通っているのか。 ・頭でなく、身で聞く。 ・人間は、言葉を使うようになると動物にはない苦しみが生まれる。 ・本願を失い、人間の本来性を失うのが凡夫。

詳しく読む

INFO

「寺院の危機と可能性」テーマに学習会

11月1日(月)14時から17時ごろまで、久留米教務所(大谷会館)で教化委員会学習会を開催します。 宗派を超えて寺院の支援活動に取り組む一般社団法人「お寺の未来」を立ち上げ、「未来の住職塾」の塾長をされている松本紹圭氏を講師に、「寺院の危機と可能性」をテーマに学びます。 寺院を取り巻く環境はすさまじいスピードで変化しています。 人口の過疎と過密が進み、核家族によって、生活様式や習慣も変わってきています。 当然、寺院が担ってきた仏事にも、変化が表れています。 お寺は、このままでいいのか。 新たな方向に歩み

詳しく読む