おしらせ おしらせ

INFO

教区会 教区門徒会 新会館の見学

うだるような暑い日が続いていますが、いかがおすごしでしょうか。 久留米教区では、1年間の総決算の時期。7月27日に教区会通常会、7月28日に教区門徒会通常会が開催されました。両会では、2016年度事業の報告、決算、2017年度事業計画、予算、また、教区改編に関する合意書についての議決など12議案が上程され、審議されました。 教区やお寺の将来をどうしたらいいのか。さまざまな角度から熱心な議論が繰り広げられ、追加提案も含めて全議案が承認されました。 事業計画が承認されたことで、新年度の事業が動き始めます。

詳しく読む

INFO

九州北部の豪雨

昨日からの九州北部地方の豪雨で、福岡県朝倉市などでは大きな被害となっています。局地的な豪雨だったようで、久留米市中心部では、今のところ目立った被害情報は入っていません。雨は弱まっていますが、ご用心ください。 久留米教務所では、今朝から教区内寺院の被害状況について情報収集を行なっていますが、今のところ、朝倉市に近い三井郡大刀洗町のお寺で、壁が壊れる被害がありました。床下浸水や事故などの情報はありませんが、引き続き情報収集を行なっていきます。 大刀洗町のお寺では、昨日の夕方、景色が真っ白になるほど大雨が振り、周囲の水田が湖のように

詳しく読む

INFO

定例聞法会のご案内

大谷会館「定例聞法会」は、福岡県や佐賀県の若手僧侶による法話をいただき、参加者同士で語り合う場として、年間10回開催されています。 このたび、下記のとおり年間予定表が完成しましたので、お知らせします! 参加費300円。お申し込みは不要です。 お問い合わせは、久留米教務所(電話0942-32-3056)へ。 定例聞法会とは~語る者を育てる場~ 法話を担当するのは2名。九州教学研究所久留米分室のスタッフ(分室長・主任研究員・主事)と研究員が話します。久留米分室は真宗教学を研鑽し共に教えを学ぶ場で、現在は20代から40代の比較的若手の僧侶

詳しく読む

INFO

「教区声明学習会」年間カリキュラムのご案内

このたび、2017年度「教区声明学習会」の年間カリキュラムが完成しました。 年間カリキュラムの内容は下記の関連情報からダウンロードできますのでご活用ください! (担当:オイハラ)

詳しく読む