おしらせ おしらせ

INFO

「教区声明学習会」のご案内(7月、8月、9月)

久留米教区では、久留米教務所を会場とした声明学習会を、受講者の習熟度に合わせた2班体制にて定期的に実施しています。 このたび、7月、8月、9月の開催日時と内容が決定しましたので、お知らせします。 開催日時 7月21日(金)、 8月2日(水)、 9月13日(水) ※全て18時~19時半 内容(A班) 7月 浄土三部経(抄) 昭和法要式 三経伽陀 三経和讃 8月、9月(共通) 正信偈 草四句目下 念仏讃 回向(淘三) 和讃(浄土和讃、高僧和讃、正像末和讃(次第章・展転章)) 内

詳しく読む

INFO

教化委員会総会

久留米教区は、「教区教化委員会」という組織が中心となって、「教化事業」を行なっています。 「教化という目的のための手段は教学である」と言われ、お念仏の教えに生きる「人の誕生」、そして共に学ぶ「場の創造」をキーワードに、さまざまな研修会や学習会などを行なっているわけです。 教化委員会で企画や運営の中心となるのが教区教化委員さんです。 6月12日に教化委員会の総会が行われ、6月から新たに教化委員になられた方々が委嘱されました。任期は2020年5月までの「3年」です。総会の後、新年度に向けて、計画案や予算案、人選などについて、月末まで話し合いが続きま

詳しく読む

INFO

沖縄を叫ぶ

久留米にいると、平穏な日常を感じます。しかし世間に目を向けると、今現在も、テロや紛争が絶えません。 沖縄では、名護市辺野古の海岸で埋め立て工事が進められていると報じられています。素晴らしく美しい海に重機が入り、広大な米軍基地を造るための工事が再開、ゲート前や海では抗議する人たちと警察、海上保安庁などとの衝突が激化しています。 太平洋戦争末期の沖縄戦では20万人とも言われる戦死者を出し、そのうち9万4千人が民間人だったそうです。そんな地に戦後も米軍が駐留し続け、今また大規模な基地が造られようとしています。米軍と沖縄の関係に、ピリオドは打たれるのでしょう

詳しく読む