おしらせ おしらせ

INFO

感話、座談、ワークショップ・・・

真宗門徒が大切にしてきたことに、「寄り合い」「談合」というものがあります。 特に真宗大谷派では「感話」や「座談」を大切にしてきました。聞きっぱなしではなく、どう感じたかを表現する場を。 しかし近年特に、「感話」と「座談」の苦手な人が多く、「聞くのはいいけど話すのは嫌だ」とよくいわれます。講義後の質問も、なかなか出ません。悩ましい問題です。 そこで最近、(駐)が取り入れているのが「ワークショップ」です。付箋に意見を書き、模造紙に貼り付けながら考えをまとめていく手法や、ワークシートに記入してから話し合いに入るという手法を導入

詳しく読む