メニュー

法事

平日のお参りとは別に年忌法要(ご法事)があります。真宗大谷派の年忌法要は、百カ日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、五十回忌となります。五十回忌以後は五十年毎に勤めます。
ただし、地域によっては二十年以後、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌というようにお勤めするところもあるようです。

百カ日 亡くなられた日をいれて百日目
一周忌 亡くなられて1年目
三回忌 亡くなられて2年目
七回忌 亡くなられて6年目
十三回忌 亡くなられて12年目
十七回忌 亡くなられて16年目
二十五回忌 亡くなられて24年目
三十三回忌 亡くなられて32年目
五十回忌 亡くなられて49年目
*五十回忌以後 50年毎に勤める。
法事のこころ

ご法事をつとめる意味について、どのようにお考えでしょうか。
「ご法事は、お寺さんにお経をあげてもらって、亡くなった者が迷わないようにするための行事でしょう」という声を聞きます。しかし、亡くなった方は、いったいどこでどのように迷っているのでしょうか。そしてまた、お経をあげるということは、いったいどういう意味があるのでしょうか。

  経教はこれを喩うるに鏡の如し(善導大師『観経四帖疏』)

善導大師は、お経やさまざまなお聖教の教えは、私の姿を映し出す鏡のようだといわれます。お経をいただくということは、真実のみ教え・仏法によって、目をそむけたくなるようなわが身の姿に出会うということ、仏さまの願いに気づくという大事な意味があるのです。
 つまり、ご法事をつとめるということは、亡き人をご縁として、自らが仏法にふれ、真実に目覚めさせていただく、仏さまの眼を賜る大切な時と場をいただくことなのです。そのような場をいただいたことに深く感謝し、心しずかに南無阿弥陀仏とお念仏を称えましょう。
 迷っているのは、むしろ私自身ではないでしょうか。

カテゴリー

PageTop