おしらせ おしらせ

INFO

ブログ

久留米教区大谷会館御本尊還座式並びに竣工式を厳修

本年1月24日、新築された大谷会館において、御本尊の還座式、会館の竣工式を厳修いたしました。 そして、新会館の運営がいよいよ開始されました。 大谷会館御本尊還座式及び竣工式の詳細につきましては、こちらをご覧ください。 教区御遠忌通信第30号 ※引き続き、本年5月末を目途に駐車場の整備工事を行ってまいります。 駐車場の利用に関し、ご協力をお願いいたします。

詳しく読む

INFO

ブログ

大谷会館、最後の2ケ月

久留米教務所は、新会館がほぼ完成しました。12月に引っ越しをします。来年になると、現在の会館は取り壊しが始まります。 このため、ほとんどの事業や会議が10月末と11月に集中し、連日、いろんな方が出入りしました。 多忙だった大谷会館(久留米教務所)最後の2ケ月。報告と写真を交えて振り返ります。 《解放運動部門研究集会》 新年度より解放運動部門の委員の顔ぶれが変わり、最初の集まりとして研究集会を10月16日に開催しました。委員は教区と組で推薦され、部落問題、靖国問題、男なり女なり、ハンセン病問題、保護司教誨師のそれぞれの部会に属し、各テーマの

詳しく読む

INFO

ブログ

「学問にいのちが通っているのか」 延塚教授招き公開講座

去る10月24日夕、九州教学研究所久留米分室の公開講座が九州大谷短期大学で開催されました。70人近くが参加され、「近代教学以降の視点から、『教行信証』の思想について学ぶ」として、延塚知道・大谷大学特任教授が、約一時間半、熱の入った講義をされました。 私のメモで要旨を振り返ると、(不完全ですが・・・) ・苦しみ悩んでいる人をいかに救うか。それが親鸞の学問体系である。学問に、いのちが通っているのか。 ・頭でなく、身で聞く。 ・人間は、言葉を使うようになると動物にはない苦しみが生まれる。 ・本願を失い、人間の本来性を失うのが凡夫。

詳しく読む

INFO

ブログ

法話講習会の企画会

お彼岸明けにあたる今週は、所長巡回の合間を縫って7つの会議があり、所員も教化委員さんも忙しくなってきました。 (駐)は今週、「法話講習会」を企画する「伝道部会」、教区安居のテーマや講師を決める「教学部会」、組門徒会の研修内容を考える「門徒研修部会」、同朋の会教導さんの研修について考える「同朋の会教導世話人会」の会議に出席し、企画に参加しました。 伝道部会では今回、法話について学ぶ「法話講習会」という新規事業を企画するにあたり、付箋を使って思いやアイデアをとにかく発散し、それを「アイデア」「ねらい」「手法・講師」の3枠に分類して貼り付けながら、

詳しく読む

INFO

ブログ

朝日新聞の一面をご覧ください!

今朝(2017年9月22日)の朝日新聞の一面です。「糖尿病初の1000万人」!をお伝えしたいわけではありません。 連日掲載中の「折々のことば」(鷲田清一先生)にご注目。 今、いのちがあなたを生きている 真宗大谷派東本願寺 宗派テーマが掲載されていて、朝からなんだか嬉しくなりました。 本質に迫る言葉は、きっと誰かの心に響きます。 使い捨てやウソが溢れる時代、逆にホンモノ、そして老舗の価値が見直されていま

詳しく読む

INFO

ブログ

仏花の立て方をご紹介

ホームページの企画の中で、「仏花の立て方をご紹介するコーナーを設けてはどうか」という意見がありましたが、なかなか対応できずにいるところ、「浄土真宗ドットインフォ」で、岡崎別院仏花の学習会の様子が掲載されていました。 リンクをご紹介します。動画だとわかりやすいですね。ご参考にしてください。 http://jodo-shinshu.info/2017/08/07/10309/

詳しく読む

INFO

ブログ

ホームページ部会会議が行われました

2017年度、部会員が新たに加わり、初めて全員集合の部会会議を行いました。 「たのもしいメンバーがそろいました 😭 」(蓮尾幹事) 「みなさんに楽しんでもらえるメディアにしていきます 💪 」(廣瀬さん)

詳しく読む

INFO

ブログ

御本尊動座式を行いました

久留米教務所で8月22日、教区会参事会員や教区門徒会常任委員らの出席のもと、御本尊動座式が行われました。 建設中の新たな教区会館に御本尊を安置するにあたり、京仏師によって御身拭(おみぬぐい)を行い、来年1月に戻られます。 動座式では、最初に勤行を行い、『阿弥陀経』等をお勤め。 「御本尊動座の儀」(櫃(ひつ)納め)では、御本尊を動かし、お櫃に納めました。 動座式の様子は、下の動画でも

詳しく読む

INFO

ブログ

お盆

お盆がやってきます。亡き人やご先祖を縁に家族や人が集い、手を合わせ、お念仏を申す。大切な仏事として、お盆を迎えていただければと思います。 しかし、いったいお盆とはどんな仏事なのでしょうか。東本願寺の小冊子「お盆」より、由来をご紹介します。 〈お盆とは〉 お盆とは「盂蘭盆(うらぼんえ)」といい、原語の意味としては諸説ありますが、「倒懸(とうけん)」と漢訳され、逆さに吊るされたような苦しみを表すものとされてきました。 お盆の行事は、『仏説盂蘭盆経』というお経に説かれている釈尊のお弟子・目連尊者の物語に由来するものです。 神通第一と呼ばれた目

詳しく読む

INFO

ブログ

教区会 教区門徒会 新会館の見学

うだるような暑い日が続いていますが、いかがおすごしでしょうか。 久留米教区では、1年間の総決算の時期。7月27日に教区会通常会、7月28日に教区門徒会通常会が開催されました。両会では、2016年度事業の報告、決算、2017年度事業計画、予算、また、教区改編に関する合意書についての議決など12議案が上程され、審議されました。 教区やお寺の将来をどうしたらいいのか。さまざまな角度から熱心な議論が繰り広げられ、追加提案も含めて全議案が承認されました。 事業計画が承認されたことで、新年度の事業が動き始めます。

詳しく読む