メニュー

記事が載っています

ブログ
2016年11月22日(火)

東本願寺が発行している月間誌『真宗』と『同朋』。その12月号に久留米教区関連の記事が掲載されていますので、お手元に届きましたらご一読ください。

 

img_0888

月間『同朋』12月号の表紙

 

月間『同朋』は、内容充実、読みやすい、分かりやすい、深いい、切り口斬新、そんな魅力たっぷりで言葉で言い尽くせないほどみなさんにおすすめの月間誌ですが、

 

今回のテーマは「差別を悲しむ」

img_0889

 

その中で、「身元調査お断り・過去帳閲覧禁止」学習に本腰を入れて取り組んでいる久留米教区(唐津組の学習の様子)の写真が載っています。

ちなみに、(駐)が撮影したものです!

 

 

img_0887

唐津組の学習会の様子が掲載されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『真宗』は、お寺に配布されている宗門の機関紙ですが、申し込めば月250円(税込)で購読できます。

 

img_0886

 

久留米教区の関連記事が掲載されているのは、「お寺の掲示板」のコーナー。

みやま市高田町の極應寺さんの伝道掲示板のエピソードですが、

新任通信員の林田真貴子さん(大牟田組安照寺)が取材され、

かなり、深いい記事を書かれています!

 

img_0884

お寺の掲示板の記事

 

写真でうまく読めない方は、教務所や近くの真宗大谷派のお寺、または九州大谷短期大学にはあると思いますので、ぜひともご一読ください!

(駐)

PageTop