メニュー

九州北部の豪雨

ブログ
2017年07月06日(木)

昨日からの九州北部地方の豪雨で、福岡県朝倉市などでは大きな被害となっています。局地的な豪雨だったようで、久留米市中心部では、今のところ目立った被害情報は入っていません。雨は弱まっていますが、ご用心ください。

 

 

 

久留米教務所では、今朝から教区内寺院の被害状況について情報収集を行なっていますが、今のところ、朝倉市に近い三井郡大刀洗町のお寺で、壁が壊れる被害がありました。床下浸水や事故などの情報はありませんが、引き続き情報収集を行なっていきます。

 

 

 

 

大刀洗町のお寺では、昨日の夕方、景色が真っ白になるほど大雨が振り、周囲の水田が湖のようになったそうです。「恐ろしくて眠れませんでした」と坊守さんは話されていました。

 

昨日夕方、大刀洗町のお寺では、隣接する水田が冠水。その様子を撮られた写真です。

 

 

 

 

寺の前を流れる川の水が、今にも溢れ出すほどだったそうです。雨水が流れる勢いで、ブロック塀が4〜5メートルにわたって押し倒されていました。

 

太刀洗町のお寺では、たまった雨水の勢いで、ブロック塀が押し倒されていました。

 

 

 

 

 

最近、農家の方からは、「梅雨なのに雨が少なくて、作物が育つか心配」と聞いていましたが、降りすぎるのも困ります。

 

 

わたしたちは水の恵み、自然の恵みによって生活し、いのちをつないでいます。しかし、人間が培ってきた知恵や技術を結集しても、自然の猛威を完全に制御することはできません。おろおろするばかりです。

 

ちなみに親鸞聖人は、暴風や豪雨を、しばしば人間の煩悩のたとえとして表現されています。(「暴風駛雨」や「暴流」)。道理に背き、人間の知恵を絶対化していく傲慢なあり方もまた、自然の猛威に劣らず恐ろしいものである、ということでしょう。

 

 

 

 

 

被害が広がらないことを祈るばかりです。

(駐)

PageTop