メニュー

もちつき

ブログ
2017年01月18日(水)

久留米教務所は、隣に「大谷幼稚園・こども園」があり、子供たちの元気な笑い声が事務所まで響きます。

 

仏教精神を大切にしている大谷幼稚園では、毎年「報恩講」をお勤めしています。きょうは、その報恩講にお供えするための「もちつき」が行われました。

 

 

がんばるぞー!おー!

 

 

 

昔ながらの杵と臼を使った餅つきで、園児は交代でペッタン、ペッタン。周りの園児はヨイショ、ヨイショと大きな掛け声で応援します。

 

みんな一生懸命に杵を振るっていました。

 

 

ついた餅はみんなで丸めて、きな粉やあん、醤油などをつけて頂きました。「今年のは出来がよかった。おいしい」と園長先生もご満悦。

 

 

大谷幼稚園の報恩講は1月20日。お華束として仏様をお飾りします。

 

 

私たちが勤める久留米教区報恩講は、2月5日と6日の両日午後から、九州大谷短期大学で厳修いたします。

 

(駐)

PageTop